文字数が多く内容が濃い

文字数が多ければ滞在時間を稼ぎやすい

サーチエンジンロボットの能力は年々向上しており、その成長は留まる事を知りません。その中で、インターネット上の文章は簡単にコピー&ペーストできてしまうという背景の中で、オリジナルコンテンツの多いページを高く評価するようになってきています。細かい仕組みは一般ユーザーに知られていないものの、ロボットはあらゆる技術を使ってコピー&ペーストコンテンツの多いページを見抜きます。そのため、ホームページを運営する人は、どうしても必要であるような場合を除いて、コピペ(コピー&ペースト)箇所0のページを作っていかなくてはなりません。もし完全オリジナルのある程度長い文章でページを構成させて滞在時間を稼ぐことができれば、付加価値の高いページと判断されて高い評価を受けられます。

バランスの良いホームページを作る

インターネットを利用するユーザーの中には、本やニュース・新聞はあまり読まず活字を苦手にしている人も存在します。そういった人の事も考えると、長すぎる文章になっていないか気を付ける必要もあります。例えば、文章を読むのが苦手な人は文字数が多すぎるとそれに拒絶反応を示して離脱してしまうため、バランスもある程度重要です。つまり、長い文章を読むのが得意な人・苦手な人両方の事を考えて無駄すぎる表現は省き、文章をある程度スリムにする事も重要になってきます。いらない部分を省いて文字数が減ったとしても付加価値の高ささえ維持していれば、情報検索してくれるユーザは長く滞在してくれます。そして、文章を読むのが苦手な人にも長く滞在してもらうことができれば、平均滞在時間が伸びるためさらに高い評価を受ける事につながります。