専門用語をなるべく使わず分かりやすい文章構成になっている

閲覧者が分かりやすい文章が大事

評価されやすいホームページは、誰が見てもわかるホームページです。専門用語が羅列してあるホームページでは高い評価は受けないでしょう。また、見た人が分かりやすい文章にするのであれば、長文を避けて短い文章でまとめる方がいいです。短文であれば、意味が伝わる文章を作りやすいからです。さらに、相手へ分かりやすく意味を伝える文章にするため、修飾語を減らしましょう。閲覧者が理解しやすいように要らない文章を減らすことも大事です。不要な文章を消して、伝えたい文章だけを残します。そうすると、伝えたい情報だけが残るのです。閲覧者が読みやすいと感じる文章であれば、ホームページは評価されることになります。ホームページは閲覧者のためにありますので、閲覧者に評価されることが重要です。

専門用語は言い換えて書く

専門用語は言い換えて文章を作ることが大事です。難しい専門用語であっても、言い換えることはできるでしょう。専門用語を説明するために、絵やイラストを加えていもいいです。閲覧者が見たときに、分かりやすくなっていることが大切だからです。言葉で伝わらないのであれば、他の方法で伝えましょう。また、専門用語が必要な場合は、注釈を付け加えることも有効です。分かりやすい注釈があれば、専門用語があってもホームページに書いてあることは理解できます。ホームページ全体を理解できるようにすることが大切ですので、専門用語にこだわる必要ないのです。分からない言葉を使っても閲覧者には伝わりません。分かる言葉で書くことが大事なのです。